バイク用レザーグローブ染め直し ~お手入れ次第でまだまだ使えます~

我流DIY

はじめに

長く使ってきたバイク用レザーグローブ、色褪せでヤバイ状態になってきました。繊維系のように高温で染める方法と違って、革の場合はどうしても色抜けしてしまうケースが多いですね。何より黒や赤系の場合、紫外線による褪色が激しいので、これは仕方がないことかと思います。

でも革は切れていないし、ほつれもないなら、まだまだ使えるのでもったいないです。色が褪せたのなら、色を入れてあげましょう(=゚ω゚)

それでは作業開始です( `ー´)ノ

これが褪せてしまった革グローブです。かなりヤバクなっています。流石にこのまま使うのはちょっと恥ずかしいですね。それに何故か右手側の方が色褪せています。不思議です・・・(;´∀`)

機能的に問題なくても、ボロボロにしか見えません((+_+))

革の染め直しには、いつもこれを使っています。

革染めにはこれっ!っていうくらい、愛用してます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ローパススピラン 小(100ml)
価格:594円(税込、送料別) (2022/11/14時点)


アルコール染料のスピランですね。普通ホームセンター等で売ってるスピランは、もっと量が少ないタイプが大半ですが、以前バイク用のレザージャケットや革パンツの染め直しをした時に、web通販にて500mlの大容量タイプをゲットしました。量が多いタイプの方が、明らかにコストパフォーマンスは良いです♪

水彩画用の筆で塗っていきます。

塗った瞬間の吸い込み、半端ないです(・ω・)ノ

塗った瞬間は、かなり色が濃い!?って思ってしまいますが、実は乾くとそんなに濃くありません。逆に一回塗っただけだと間違いなく薄いので、重ね塗りして色を濃くしていきます。重ね塗りする場合は、必ず乾燥→塗布を繰り返してください。希望の濃さになるまで繰り返します。

いい感じに染まりました♪

見た目、劇的に変わります

アルコールは脱脂にも使用されるほど、油分除去に効果を発揮しますので、これを使った時は油分補給して上げることが必要かと思います。

そこでレザー用のクリームを擦りこんで、油分補給をすると共に、革にとって大切な水分を補給してあげます。

こういった衣料革やグローブ等にいつも使っているのはこれです。

普段靴の手入れをするのに、これとても良いです

フランス製サフィールのユニバーサルレザーローションです。バッグや靴、衣料革等、色々なものに使えるので、ユニバーサルの名前が付けられているそうです。これ一本で、汚れ落とし、水分・油分補給、つや出しが出来る優れものです。パッケージにミツバチが印刷されているのは、使用しているワックスがミツバチが巣を作る際に分泌するビーズワックスを使用しているからです。植物性のカルナバ蝋等と比べて、動物性のワックスの方が、動物の革には馴染みが良いと言われているようです。

これを布にとって擦りこみます。しっかり浸透させたら、乾いた布で乾拭きします。すると艶が出て、更にいい感じになります。

(´∀`*)ウフフ

更にひと手間加えて、撥水性も高めましょう('ω’)ノ