バイクで行く栃木県のパワースポット 素晴らしい巨樹のご紹介です(=゚ω゚)ノ

バイクでお出かけ、ツーリング

※アフィリエイト広告を利用しています

九石(さざらし)のケヤキ

バイク乗りには茂木と言えば、ツインリンクもてぎのイメージになるでしょうか。やなで有名な那珂川の近く、県道338号から農道に入り、丘に続く道を登ったところに九石のケヤキはあります。

のどかな丘です

農道の脇なので、当然XJRも一緒に記念撮影です。樹勢は素晴らしく、力強さを感じさせます。

空いた空洞が迫力満点!

ぐるっと回ってみます。

半端ない、迫力ですね。大雨に遭った時に、この中に雨宿りできるような気もしますが、空洞部分の内側は焦げたように黒ずんでいますので、恐らく落雷にあったのではないかと思います。ちょっと避難はヤバイですかね・・・(;´・ω・)

その昔、旗本の領主が、領地を見回る度、この大木の下で休んでいたとのこと。丘の上に立つこの木の、その当時の情景が目に浮かぶようです。お勧めの巨樹です♪

豊年スギ(日光神社)

鹿沼市から足尾銅山に繋がる県道15号の途中、日光神社のすぐ脇にあります。

並行して流れる思川では、ところどころ鮎釣りをする方がおられ、県道15号はとても景色の良い、ツーリングに最適な道路であると思います。

釣りもええのお(*´ω`)

日光神社は、県道15号から山側に少し登ったところにあります。この鳥居をくぐって、階段を昇ると・・・

何故か鳥居の上部が、黒くすすけている・・・・( ゚Д゚)

本堂が封鎖されていました。お賽銭を入れたかったのですが、お賽銭箱は扉の中で、周囲には投げ入れられたお賽銭が散らばっていましたので、失礼とは思いましたが、私も投げ入れて、お参りさせて頂きました。どうやら、かなり管理体制が厳しくなっている神社のようですね。それが証拠に・・・

・・・・・・( ゚Д゚)

県道15号から徒歩で登る参道はこんな状態。鳥居までの道が、完全に草むらに埋まってしまっています。XJRは上の駐車場に停め、一旦下りながら草むらを掻きわけてみると、ところどころに基礎のような石やコンクリートの柱が埋まっていますので、この下に階段が隠れているのかもしれません。この鳥居をくぐって、少し登った左側に、豊年スギはあります。

・・・・(゜_゜>)

下から見上げた豊年スギ。存在感、半端ないです・・・( ゚Д゚)

谷側の幹がかなり朽ちてきているようで、それを銅板で保護していたようです。一部残っていますが、銅板の多くが落下してしまっていました。それを再度補修することもなく、そのまま放置されているのが散見されます。

放置状態・・・

周りを回ってみます。根元のほうに大きな穴があいており、そこも銅板で保護していたようです。穴の中を覗いてみると・・・

焼けた木炭が見えました。どうやら雷が落ちてしまっているようですね。更に裏側に回ってみます。

こちら側は比較的、樹勢がいいように思います。力強さを強く感じました。

まだまだ!!と言わんばかりの生命力を強く感じました!!

XJRと記念撮影です。

とても静かな時が流れていました

数多くの巨樹は、神社やお寺の管理の元、気の遠くなるような年月を生き抜いてきているものも多く、この豊年スギもその一つであったのでしょう。しかし、今後はこの状況からすると、近い将来、この姿を見ることが出来なくなってしまうのではないかとの一抹の不安を感じました。是非、その雄姿を見に行ってあげて欲しいと思い、豊年スギをお勧めの巨樹にさせて頂きました。