XJR1200 壊れて外れてしまったメーターカバーを取り付けました(・ω・)ノ

XJR1200、1300の整備

はじめに

走っている時、いきなりメーターの上部カバーがすっ飛びました。

このメーターカバーはメーター裏からビス留めされているのですが、長年の振動によるものでしょうか、ビス取付け部がものの見事に折れていました。破断した箇所を元通りにするのは極めて困難と思われますし、いずれにしてもすっ飛んだカバーは割れてしまいましたので、新しいカバーを取り付けることにしました。

・・・(;゚Д゚)・・・

それでは交換しましょう( `ー´)ノ

以前付けていたメーター一式がパーツストックとしてありますので、ここからカバーを外して移植します。

今XJRに付いているメーターは輸出仕様のマイル表記なのです(・∀・)

まず下側のカバーを外します。

外す為にはリセットノブを外さねばなりません。他車種では逆回転させれば外れるノブもありますが、XJR1200の場合はノブ中心の奥に小さなビスで留まっていますので、それを外します。

暗くて見えにくいですが、真ん中に穴があいてます

外しました。

ドライバーは#0のプラスドライバーを使用します。

ビスを無くさぬよう注意しましょ

下側のメーターカバーを外します。#2ドライバーを使用します。

ネジが舐めないよう、押しまわしましょう(・ω・)ノ

上側のカバーは中のメーターに裏側から2箇所のプラスビスで留められています。

1つ目がこちら。

で、2つ目がこちらです。

はい、外れました。摘出にかかった時間は、約1分です。

これも割れていたらショックでしたが、しっかりしてました(・∀・)

それではXJRに取り付けましょう。