【XJR1300】キャブレターメインジェット用 マイナスドライバーの自作方法です(・ω・)ノ

我流DIY

はじめに

過日XJR1200のキャブレターメインジェットを外して掃除しました。

外すのにはもちろんマイナスドライバーを使うのですが、溝がかなり広いのです。

実際見て見ると、結構幅広い(._.)

普通のマイナスドライバーでは当然ゆるゆるです。

・・・こりゃ、あかんね(´゚д゚`)

ジェットの素材は柔らかい真鍮なので、固く締まっていた場合、溝を広げてしまいそうな感じですね(´゚д゚`)。

ジェット専用工具も販売されていますが、現物の寸法を計測してみると少し緩い感じなので、ピッタリサイズのドライバーを自作することにしました。

それでは作りましょう(・ω・)ノ

中古工具屋さんで、加工するマイナスドライバーを購入しました。税込み55円の激安価格でゲットです( ̄▽ ̄)

柄は太目が良いかと

ジェットの直径と溝の幅を計測します。直径は8mmでした。ドライバーの先端を削るので、自然とこの寸法に近いものになるかと思われます。

ミツトヨノギス、大活躍です( `ー´)ノ

次に溝幅を計測します。1.6mmでしたので、ドライバーの先は1.4mmくらいの厚さに加工することにしました。

ここはノギスでないと計測は困難でっせ(´゚д゚`)

グラインダーで削って、寸法を出します。

ずっと削りつづけるとドライバーの先が高温になり、スチール素材がなまくら状態になってしまいますので、少しけづったらすぐ冷ますを繰り返します。こうすれば硬度と粘りが低下するのを防ぐことが出来ます。

ちょっと削ったら、すぐ冷ましましょう(・ω・)ノ

1.4mmの寸法が出ました。

オケ

メインジェットに合わせてみます。ぴったりですね( `ー´)ノ

キツキツ過ぎるのは良くないかと

削った際のバリを、砥石で削り、先を滑らかにします。

砥石は包丁用の中砥です

寸法加工はこれでOKですが、このままですと当然錆びてしまうドライバーになってしまいます。なので錆防止の加工を施します(・ω・)ノ