L型レバーハンドルのリビングドア 両手がふさがっていても開けられるよう、ハンドル用ラッチをローラータイプに交換しました\(^o^)/

我流DIY

ローラーラッチを取付けしますよー(-ω-)/

まず以って寸法がかなり異なりますので、ラッチがうまく収まる様、ドアをノミで削ります。

また大工さん状態

削り終わりました。

出来ました ますます後には引けなくなりました

ラッチを入れてみます。元々の想定通り、隙間だらけです。

ほぼぴったり

受け側はそのままでは使えないので、交換になります。

外します

扉同様、そのままでは取り付けられないのでノミで削った後、取り付けました。

・・・・こりゃヤバすぎ(゚д゚)! 隙間だらけやん

開け閉めをしてみたところ、風が吹くとドアがほんの少し動く為、『カチッ・・カチッ・・』と音がすることが分かりました。

そこで耐久性のある緩衝材として、本革を受側に入れることで、音鳴り緩和をすることにしました。革は元々持っていたものをカッティングし、両面テープを貼って取り付けました。

こんな時の為に、革の端切れをとってあるのです
頼りになる3M製です

木工用パテで隙間を埋めて、着色します。マスキングテープを貼って、木工用パテを入れました。換装する前にマスキングテープは剥がします。

使用したパテはこちらです↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セメダイン 補修用 木工パテA 50ml タモ白 HC-153
価格:384円(税込、送料別) (2024/3/26時点)


セメダイン 木部補修用 木工パテA タモ白 50ml HC-151

新品価格
¥336から
(2024/3/26 18:09時点)

パテが完全に乾いたら再度マスキングテープを貼り、空砥ペーパーで表面を均します。

すりすりすり・・・

削り終わりました。

・・・(゜.゜)・・・

木工用パテを塗るのに使用したのはアルコール染料です。いつも革を染めるのに使用しているのですが、使ってみたらいい感じなので、これを使うことにしました。

さて、使えますでしょうかね

一度塗っただけだと色が薄いので、塗布→乾燥をいい感じの色目になるまで繰り返します。ついでに擦れて色が薄くなっていたドアの角にも染料を入れました。

こんな感じでしょうか・・・。前の状態よりも改善していれば良しとしましょう( `ー´)ノ

ご参考までに、コイルンキャッチとローラーラッチ、それぞれの開け閉め時の音動画がありますので、よろしければ違いをご参照頂ければと思います。

ローラーラッチ取付け後、家内を呼んで、どうだとばかりにドアを開けてもらいました。

家内曰く、

と、よい評価を頂きました(*’▽’)。

続いて当初交換するつもりで入手したラッチを寝室ドアへの取付け作業を実施します。