【XJR1200】エンジンが熱くなると滑り出すクラッチを修理しました やっと判明した意外な原因にマジびっくり!(◎_◎;)

XJR1200、1300の整備

はじめに

管理人の愛車XJR1200に、最近今までなかった不具合が発生していました。走り始めはなんともないのですが、エンジンがかなり熱くなってくるとクラッチが滑るというアンビリーバブルな症状です。こんな状態では高速道路やツーリング等、遠出することは出来ませんので、何とか修理すべくまず以って原因を探ってみることにしました。

エンジンが温まると発生する現象

エンジン始動直後は滑るという症状は一切出ません。エンジンが熱くなってくると、まずどんどんクラッチレバーが硬くなってきます。同時にクラッチが繋がる場所がレバーから遠くなり、つまり握るとすぐクラッチが切れるようになるのです。挙句の果てに高回転域でアクセルをガバッと開けるとクラッチが滑ってしまうのです。

通常クラッチが滑ってしまう原因は、次のことが考えられます。

①クラッチプレートやフリクションプレートが減っている。

②クラッチスプリングが弱っている。

③自動車用のエンジンオイル等、滑りやすいオイルを使用している。

しかしこれらは管理人のXJRには一切当てはまりませんでした。クラッチプレートは問題ないことは確認済で、フリクションプレートは交換したばかりです。しかも比較的滑りやすい持病対策としてFJR用の対策プレート&対策スプリングを入れてあります。オイルは信頼のヤマルーブスポーツ一択です。ご参考までに作業内容はこちらをご覧ください↓

【XJR1300】クラッチフリクションプレートの交換方法です。滑り対策プレートを入れました( `ー´)ノ

【XJR1200&1300】ヘタッてるとクラッチすべります。クラッチスプリング交換方法です( `ー´)ノ

特にこの症状が出始めたのが、マスターシリンダーのオーバーホールの後で、つまり低下していた油圧クラッチの油圧が元に戻った後でした。これが引き金になっているように思われましたので、こんな推察をしてみました。

プッシュロッドはほんの少し先が削れただけでクラッチのミートポイントが変わるくらい、極めて繊細なパーツであると言われています。ほんの少しの熱膨張でも十分影響が出る恐れもあるのではないかと考えました。

新品のクラッチレリーズ(プッシュレバーcomp)はまだ出ますので、交換してみました。